乃木坂まとめ欅坂【箱推し速報】

乃木坂46・欅坂46 のニュースまとめサイト-Nogizaka46 ☆ Keyakizaka46-

Uncategorized

生駒里奈が母への想いに涙する…デビュー時には家族間で確執も


◆生駒里奈が完成披露上映会で涙

乃木坂46が28日、東京都内で行われた初ドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」(丸山健志監督、7月10日公開)の完成披露上映会に参加した。

キャプテンの桜井玲香をはじめ白石麻衣、生駒里奈ら「十福神」のメンバーのうち9人が上映後に舞台挨拶。

◆乃木坂46の象徴とされる生駒里奈

乃木坂46の生駒里奈は、2014年2月24日に『AKB48グループ大組閣祭り』でAKB48チームBとの兼任が発表され、2014年6月7日の『第6回AKB48選抜総選挙』の開票イベントでは14位で選抜メンバーになる人気ぶり

生駒はチームBで身につけたキラキラのアイドルスマイルをふりまいて留学期間を終え、AKB48を“卒業”した。

生駒が、名実ともに乃木坂46のセンターに返り咲いた。彼女自身がグループの象徴としての足場を固め、また外部活動を含めた経験で視野を広げた

◆ニューシングルでは約2年半ぶりにセンターを務める

たまたま12枚目のセンターは生駒だったってだけで、やる気は常に変わってないので、さらにいいものをっていう思いでいます。

乃木坂の初主演で、そして自分のセンター曲でドラマができるっていうのは、2度とないすごいことだと思うので、自分の人生の思い出にずっと覚えておきたいです

◆そんな生駒はデビュー時に家族間で確執があった事を告白

秋田県出身の生駒は「(乃木坂の)オーディション(用紙)を持ってきたお父さんに、お母さんがキツく当ってたのは知ってた」

乃木坂46の生駒里奈 デビュー前の家族の確執を明かし号泣する一幕 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…
ここまでのアイドルになるまでは、いろいろな人には言えない悩みがたくさんあったと思うけど、いろいろ乗り越えてここまできたんだろうなと、こっちまで涙がでた。

◆母の想いを知って号泣してしまった

故郷の秋田から15歳で上京する前後に、娘を手放すことに母親が、がっかりして落ち込んだことがあったことを話し始めると、笑顔が瞬く間に曇った。

同作が母親の視点で描かれていることから、生駒は「朝ご飯を作る時に、私の食器を出せなくなったという気持ちを知った時は本当に申し訳なくなった」と号泣

「私ももっとお母さんと暮らしたかったけど、ここにこれたからそう思えるようになったし、お母さんも応援してくれてるとちゃんとわかった。映画を通して私だけじゃなくてお母さんもずっと闘ってたんだなって知れた」

「すみません。泣かないようにしていたのですが、お母さんのことを思うと溢れて来ちゃいます」と母親への思いを堪えられなかった

◆そんな母に今年の「母の日」で感謝を伝えていた

母の日の10日、アイドルグループ「乃木坂46」の12人のメンバーが、それぞれの母親を会場に招いたイベントを東京都内で行い、日ごろの感謝を伝えた。

Acquisition source











-Uncategorized