乃木坂まとめ欅坂【箱推し速報】

乃木坂46・欅坂46 のニュースまとめサイト-Nogizaka46 ☆ Keyakizaka46-

Uncategorized

今、もっとも勢いのあるアイドル・乃木坂46 試練は卒業ラッシュのみ?


■乃木坂46が見せた“クリエイションの蓄積” バースデーライブ各日演出からグループの強靭さを読む

乃木坂46が毎年恒例にしているバースデーライブは、その時点までの乃木坂46楽曲の全曲披露というコンセプトのもと、グループの歩みを振り返る記念日として存在してきた。2月20~22日に行なわれた『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』もまた、これまでとは違う振り返り方で乃木坂46の足跡を確認するものになった。

例年、原則としてリリースされたシングルの順に楽曲が披露されてきたが、今回はそのルールを取り払って披露する順番を柔軟にし、また同一楽曲を複数回パフォーマンスする機会も増やしている。時系列に歴史を追ってみせるスタイルにこだわらなくなったことで、3日がかりの大イベントに拡大したバースデーライブを、1本ずつのライブとしてより効果的に構成していた。

 柔軟さを見せるその一方で、3日間のうちどの日に訪れても、1st『ぐるぐるカーテン』から最新16th『サヨナラの意味』までの、16枚すべてのシングルに収録されているいずれかの楽曲を聴くことができるよう、均等に目を配ったセットリストが組まれていた。つまり、グループ最初期から現在に至るまでの道程を、初日~3日目までそれぞれの形で振り返るスタイルになっている。これまでのバースデーライブの原則を一旦解いて再構築した結果、6年目に入ったグループのキャリアを、いくつもの観点から確認できるようになった。

ライブ初日となる20日は、何よりも橋本奈々未の卒業コンサートとしての意味が大きい。フロントメンバーとしての彼女の存在の強さはライブ冒頭、センターを務めた「サヨナラの意味」から5曲連続で披露されたシングル表題曲のパフォーマンスや、ライブを締めくくる去り際の美しさで十分に見せつけられた。けれども、おそらく彼女の真骨頂はグループ全体を、あるいはアイドルという職業そのものを俯瞰してみせる、特有のスタンスにあった。

橋本の意向が反映されたこの日のセットリストは、パフォーマーとしての彼女をメインに据えた楽曲ばかりでなく、「ボーダー」や「生まれたままで」といった、橋本とは大きく違う立場にいるメンバーたちにとっての重要曲も要所でフィーチャーされた。また、昨年末の武道館ライブで白石麻衣・松村沙友理とともに披露した「Threefold choice」をこの日も同じトリオでパフォーマンスし、オリジナルでは若年メンバーによって歌われる同曲を再解釈してみせた。独特の距離感でアイドルグループと対峙してきたフロントメンバー・橋本奈々未の存在を通して、乃木坂46の歴史を辿ったのが、バースデーライブ初日だった。

この日を最後に表舞台を去った橋本は、乃木坂46在籍中からしばしば、アイドルからの「卒業」をことさら特別なものとして捉えない見方を語ってきた。それは「アイドル」である時期もそうでなくなってからの人生も、等しく尊いことをあらためて認識させてくれる姿勢だった。グループアイドルシーンの隆盛によって「アイドル」の総数が増大した今日にあって、「アイドル」の生に対する視野を広げてくれる橋本のスタンスは、異端であるどころかきわめて重要なものだ。その彼女がこれ以上ない大きさのステージで卒業を迎えて舞台を降り、そこから地続きの人生を歩んでいくことは、乃木坂46にとってもアイドルというジャンルにとっても決して喪失ではなく、未来に開かれた大きな希望である。

さいたまスーパーアリーナという大会場での3日連続公演の実現は、それだけで乃木坂46の隆盛を存分に物語る。いまやアイドルシーンの中心に立ち、グループアイドルとしてひとつの最盛期を迎えている乃木坂46は、いつしかたくましさを湛えるようになっていた。そのためか、今年のバースデーライブで聴く草創期の楽曲には、未完成の頃の懐かしみよりも、2017年現在のメンバーたちの成熟の方が強く印象に残った。

たとえば、まだキャリアの浅い段階にいたかつての生駒里奈に向けて2012年に書かれた「水玉模様」は、その年齢特有の不安定さをも含めた作品だった。5年を経て歌われる同曲からわかるのは、彼女が以前とは異なるパフォーマンス、異なる身体を手にしているということだ。当時だからこそできた表現と、現在だからこそできる表現。その遠近感をひときわ感じられるのも、自然な成長とともにシーンのトップに立つことができたグループゆえだろう。

 そして、そんなパフォーマーとしての進化は、やはり集団としての表現にこそ強く感じられる。「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」で幕を開け、アンダーライブの積み重ねが生んだ成果を祝福するような2日目冒頭のセットリストも、各日の要所に固められた歴代のシングル表題曲群も、歴史の振り返りである以上に、キャリアを重ねてスター集団になった現在の乃木坂46によってアップデートされた作品として迫ってくる。今回のバースデーライブはなにより、過去への視線よりも現在のグループの強さを突きつけるものだった。

グループアイドルの歩みは、メンバーの循環を必然的にともなう。楽曲発表時とはメンバー編成もそれぞれの立場も移り変わっていく。とりわけ、特定のメンバーに紐付いた楽曲をあらためて披露する場合には、その曲の扱い自体がグループの意思を示すことになる。昨年、卒業を発表し新たな道の入り口に立った深川麻衣へ捧げられた「ハルジオンが咲く頃」「強がる蕾」は今回、乃木坂46加入という形で新たな入口に立った3期生たちに受け渡され、これらの楽曲に新たな意味付けを与えてみせた。

 もちろん、近い将来に3期生たちの立場も変化していくし、卒業するメンバーもあらわれるだろう。オリジナルメンバーたちの成熟は同時に、メンバーがグループから旅立つステップアップの準備でもある。初めての大きな循環期に対峙する乃木坂46にとって今年のバースデーライブは、結成以来最高の充実期と、結成以来最も大きな転換期とが交錯する3日間になった。

■凋落のAKB48と活気のある乃木坂46に付いた「力関係の差」

『AKB48』から『第67回NHK紅白歌合戦』に出場する選抜メンバー48名が、一般投票により決まった。大みそかに放送される同番組内で、その順位を公表するという。

「何も知らずにチャンネルを合わせた視聴者は『なぜ紅白歌合戦でアイドルのランキング発表をやるのか?』と思うでしょう。しかし、AKBグループはこれまでにも、突然の卒業発表や、サプライズゲストを紅白歌合戦の放送内で行ってきました。いまにに始まったことではありません」(芸能記者)

ところが、ベテランのAKBライターは「おそらく今回の紅白歌合戦で、こういった仕掛けは最後になるでしょう」と予言する。

「2017年2月、AKB48と『乃木坂46』がほぼ同日程で重要なコンサートを行います。AKB48は小嶋陽菜の卒業コンサート、乃木坂46は橋本奈々未の卒業コンサートと5周年のバースデーライブです。共にグループ結成以来のオリジナルメンバーですが、発表された会場の規模に双方のファンは愕然としていました」(同・ライター)

古参のファンは「乃木坂46がAKB48を越える、歴史的なコンサートになる」と、声を震わせて話す。

「AKB48は2月21日と22日の2日間に代々木第一体育館で。乃木坂46は2月20~22日までの3日間でさいたまスーパーアリーナにてコンサートを行います。収容人員1万2000名の代々木に対し、さいたまスーパーアリーナは3万名。AKB48の2日間を合計しても、乃木坂46の一日分の観客数にはかなわないのです。同日程でこんなコンサートを行うなんて、秋元康はプロデューサーとしてどうかしてます」(同・ファン)

2011年にAKB48の“公式ライバル”という立ち位置で結成された乃木坂46が、同日程での観客動員で圧倒的な差を見せつけにかかっている。

「実際には2016年3月、乃木坂46のシングルCD『ハルジオンが咲く頃』が80万枚を売り上げた時点で、乃木坂46はAKB48を越えていました。大手メディアは報じてはいませんが…」(前出・AKBライター)

AKB48と乃木坂46は、両グループともいわゆる“握手会商法”で莫大な売り上げを維持している。CD1枚につき約10秒間、指名したメンバーと握手ができる特典が付き、ファンはそれを目当てに何十枚、何百枚と同じCDを大量に購入する。

「AKB48のシングルCDには、AKB48以外にも、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48の全員が握手会に動員されます。そのため、AKB48のファンではなくても、他の系列グループのファンであれば、握手券目当てにAKB48のCDを購入します。それで何とか100万枚以上の売り上げをキープしてきました。AKB48単体では乃木坂46の80万枚どころか、50万枚も売れないのがいまの実人気です」(同・ライター)

新曲が出るたびに、真っ先に握手枠が埋まるのが、NMB48の山本彩。次いでHKT48の宮脇咲良、SKE48の松井珠理奈の順で、AKB48ではないメンバーが名を連ねている。この分析はあながち間違っていない。

■デビュー5年で迎える「初の試練」とは?

乃木坂46の人気上昇は続き、昨年11月リリースのシングル『サヨナラの意味』は出荷枚数が初の100万枚超え。グループ結成5年5カ月でのミリオン達成となった。AKB48は、結成4年10カ月の10年10月に『Beginner』で初のミリオンを記録している。現在の乃木坂46は、AKB48が国民的アイドルと呼ばれるようになった当時と同様のポジションに立ったといえるだろう。

 昨年8月に結成5周年を迎え、今年2月にデビュー5周年となる乃木坂46が到達した地点は、他のグループの5年目と比較してどんな位置になるのだろうか。AKB48と各姉妹グループ、同じ坂道シリーズの欅坂46、女子アイドルグループシーンの基礎を築いたモーニング娘。‘17と、『NHK紅白歌合戦』初出場やシングルが週間チャート1位になるまでに要した期間など、様々な項目を比較したのが以下の表だ。順調に人気を高めてきたように見える乃木坂46にも、強さと弱さがあることが分かる。

乃木坂46は、結成から6カ月でメジャーデビュー。比較した7グループのなかで2番目に早い。さらに、デビュー前には地上波で冠番組が既に始まり、グループの存在を早くから世に知らしめた。

 一方でSKE48、HKT48はメジャーデビューまで1年以上を要した。まずは専用劇場での公演の活況と、拠点とする地元での知名度向上に注力する仕組みだからだ。それに対して、劇場を持たない乃木坂46は早い時期に冠番組やCDデビューを通じてグループの知名度を上げる必要があった。

平日のライブも満員に

乃木坂46の強みは、大会場でのコンサートだ。AKB48グループは劇場公演が活動の中心。一方、握手会を除くとコンサートがファンがメンバーに会える唯一の場となっている乃木坂46は、例年「BIRTHDAY LIVE」や「真夏の全国ツアー」など大規模会場でのコンサートを開催し、観客動員を伸ばしてきた。16年の「真夏の全国ツアー2016」は平日の地方都市でも全公演がソールドアウトとなり、6都市で合わせて約18万人を動員している(15年は約15万人)。

次に、CDセールスを見てみよう。乃木坂46は結成9カ月で、初のシングル週間1位を『おいでシャンプー』で記録した。これは欅坂46の8カ月に次ぐ短期間だ。そして、結成2年でシングル『ガールズルール』の売り上げが50万枚を突破。AKB48の4年6カ月よりも、2年以上早い達成となった。

 だが、そこからミリオンまでは、AKB48が4カ月という短期間だったのに対して、乃木坂46は3年を要した。この伸び悩みの理由は、メンバー個々の知名度がなかなか高まらなかったことにある。

アーキテクトが実施するタレントパワーランキングの最新調査結果(16年8月度)によると、10~60代男女における認知度が最も高いのは生駒里奈で44.8パーセント。白石麻衣が28.2パーセントと続く。世の中の半数以上の人は、初期からバラエティ番組に出演する機会が多かった生駒里奈しか個人の顔と名前が一致しないという状況が続いている。

 その理由としては、多くの人々の目に触れるCM出演などでのメンバーのソロ活動が少ないことが考えられる。AKB48は10年に『ポニーテールとシュシュ』や『ヘビーローテーション』のヒットでグループが広く知られるようになった後に、当時の中心メンバーだった前田敦子や大島優子らがドラマやCMなどでソロ活動を積極的に展開。10年のタレントCM起用社数ランキングでは、グループでの出演も含めて小嶋陽菜が女性5位(9社)、大島と前田が8社で6位だった(ニホンモニター調べ)。乃木坂46がよりステップアップしていくためには、メンバーソロでのCMやドラマ出演が必要だろう。

乃木坂46の大きな特徴で、今後弱点につながる可能性があるのはメンバー数の少なさだ。昨年9月に3期生12人が加入し、47人体制となったが、それまではわずか35人でここまで人気を高めた。

 AKB48は、劇場公演を複数のチームで行うために多くのメンバーが必要となり、結成約1年後には早くも3期生オーディションを開催。現在の乃木坂46と同じ、結成5年4カ月の時点では12期生まで加入していた。

 また、乃木坂46は卒業メンバーが少ない。約5年で研究生を含めてAKB48は75人、SKE48・NMB48はそれぞれ約40人が卒業、その穴を埋めるためメンバーの追加を行ってきた。乃木坂46は、AKB48の選抜総選挙のような過酷な競争が少なく、13年からは選抜以外のメンバーによるアンダーライブを実施するなど華やかな場に立つチャンスが比較的均等に与えられてきたことが、15人という卒業の少なさにつながっているのだろう。

初の試練は卒業ラッシュか

他のアイドルグループに比べるとこの5年間、乃木坂46はメンバーの新陳代謝があまり行われてこなかった。しかし、近年状況が変化している。乃木坂46の主力となっている1期生が、女性アイドルのターニングポイントとなる24~25歳(AKB48では大島優子、高橋みなみ、ハロー!プロジェクトでは道重さゆみ、嗣永桃子がこの年齢で卒業)に一斉に差しかかり、16年は深川麻衣が卒業。橋本奈々未も24歳になる今年2月の卒業を発表。さらに卒業が続くようであれば、メンバーの少ない乃木坂46にとって経験したことのない大きな試練になるだろう。

 そうした試練に備えて、乃木坂46は若手を前面に押し出す機会が増えている。これまで1期生の影に隠れがちだった2期生は「さゆりんご軍団」「真夏さんリスペクト軍団」という2つのユニットで、1期生の人気メンバーと絡み個性をアピール。加入したばかりの3期生が初めてファンの前に立つ「お見立て会」は昨年12月に日本武道館で1万2000人を集め開催された。

ハイペースで追い上げてきている欅坂46の存在も、脅威となりそうだ。メジャーデビュー、初冠番組、初コンサートは乃木坂46とほぼ同じ期間の達成だが、結成1年3カ月の昨月11月にリリースしたシングル『二人セゾン』が売り上げ50万枚を突破し、1年4カ月での初『NHK紅白歌合戦』出演を実現した。乃木坂46は初出場まで4年以上かかっただけに、欅坂46の成長へのスピード感は群を抜く。

 乃木坂46は、今年2月のメジャーデビュー5周年にさいたまスーパーアリーナで「BIRTHDAY LIVE」を3日間開催する。区切りとなるこの大舞台で、どのような新しい乃木坂46を見せるのかが注目される。

■乃木坂46 松村沙友理、秋元真夏、高山一実……バラエティでも活躍見せるメンバーたち

乃木坂46のメンバーのソロとしてのバラエティ進出が目覚しい。

 現在『乃木坂工事中』(テレビ東京系)、不定期ではあるが『NOGIBINGO!』(日本テレビ系)を地上波冠番組に持つ乃木坂46。『乃木坂工事中』はバナナマンをMCに、前身番組『乃木坂って、どこ?』から数えると5年余り、『NOGIBINGO!』ではイジリー岡田を相手に過酷な企画にも挑戦してきた。乃木坂46のバラエティ力はこの2番組で培われたとも言える。

 音楽番組だけでなく、バラエティ番組でも見るようになった彼女たち。先日は、松村沙友理が『『ぷっ』すま』(テレビ朝日系)に出演。趣味であるテレビアニメの知識を活かし、キャラ声を披露しながら、自身の必殺技である「さゆりんごパンチ」を草なぎ剛にも繰り出させ爪痕を残した。松村はほかにも『エヴァ噺 特別編 アニメ『龍の歯医者』の見どころ』(NHK総合)で鶴巻和哉監督にインタビューするなど、アニメの分野での活躍が光る。

また、バラエティ班といえば、出川哲朗に憧れを抱く秋元真夏。才知の優れた彼女は、クイズバラエティ『Qさま!!』(テレビ朝日系)に出ることも多い。番組の人気コーナー「帰れま10」でサンシャイン池崎と共演した彼女は、「ジャスティス!」と叫びながら指をテーブルの角に激突。池崎本人からも「天才だよ……」と言われていた。運動音痴でも有名な秋元。計算なのか、天然なのかは本人のみぞ知るところであるが、そんなドジっ子も彼女の魅力の一つだ。

秋元と同じく乃木坂46のバラエティ班とされる高山一実は、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演することが多い。昨年のインタビューでは「これまではバラエティを中心に活動していたところに自分の大好きな本に関わる仕事、しかも連載を持たせていただけるなんて自信にもつながりましたし」(参考:乃木坂46 高山一実、初フロントの喜びとグループの現在地を語る「全部がいい方向に進んでいる」)と語っていた通り、番組露出が弾みとなりさらなるソロ仕事に繋がっていった一人だ。

ほかにも、西野七瀬は『ライオンのグータッチ』(フジテレビ系)の番組MCを担当。生田絵梨花は、突飛な発想やミュージカルとしても活躍していることから『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)にソロで出演している。『馬好王国』(フジテレビ系)のMCとして、長年にわたり競馬番組に携わる白石麻衣は、その淡麗な容姿が取り上げられることが多いが、実はバラエティ班として一番のポテンシャルを持った人物だ。『乃木坂工事中』で秋元真夏に対して発動するキャラクター“黒石さん”や完成度の高いモノマネなど、彼女はグループ随一バイタリティに富むメンバーでもある。先日出演していた『王様のブランチ』(TBS系)でも食レポを披露し“食べ石さん”キャラを起こしていた。自身の2nd写真集『パスポート』(講談社)のインタビューでも「『きれい』よりも『面白い』が嬉しい。表面的な部分だけじゃなく中身まで見てくれてるんだと思える」と語っている。

Acquisition source











-Uncategorized